name: 向江純希(むかえじゅんき)

 

1988年 埼玉県生まれ。  lifecoach/nurse/essayist/writer

21歳、看護学校を卒業後、新卒で集中治療室へと配属される。以後、現在に至るまで集中治療室に運ばれる重症患者の看護にあたる。500人以上の命の危機にある患者と向き合う気の抜けない現場に身をおきつつ、それぞれの患者家族から「人生とは」「生きるとは」という切実な想いに寄り添う日々を過ごす。その中で、独特の死生観や、人生と向き合う責任感が人一倍培われる。

 

 

2015年、婚約を機に日記ブログを開始。その後婚約破棄になるが、1人の女性が仕事に恋愛に前を進む姿と、仕事で培った芯の強さを透明感のある表現で綴るブログに共感の声が届くようになる。2017年、経験がより人に役立てられればと模索しているときに、言葉の力で相手がなりたい未来へと導くコーチングの可能性に惹かれ、トラストコーチングスクールの認定コーチの資格を取得。

 

現在は看護師として働く傍ら、「コーチングを体感しながら学ぶ」トラストコーチング講座を開催や、看護師ならではの一人一人を受け止め寄り添う対話を得意とした、日常にフォーカスするオーダーメイドコーチングを実践している。また、コーチングで相手の魅力を引き出し言葉にするイメージコピーライターとしても活動中。

 

オフィシャルブログでは日常を凛と生きるエッセイブログ「 “いつもの毎日”に、彩りと。」

アメブロ・インスタグラムでは日常の一コマに言葉を込めた「美人になる為の、言葉アソビ。」を発信中。

 

趣味はアクセサリー作り。誰かに連れ出してほしいインドア派。