誰かの言葉に
傷つくこともあるでしょう

 

 

 

でも大切なのは
優しくすることではない
受け入れることでもない

 

 

 

 

優しいだけじゃひとは救えない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療の現場では
言葉がきつくなること
割と多い世界かもしれません

 

 

 

 

少し前に私はどう思うかと
聞かれたことがありました

 

 

 

 

常識ない人多くない?と、、、
まぁなかなかの言われよう。笑

 

 

 

 

私は救急の現場
バッタバタの中で
怒鳴られることも多々

 

 

 

 

看護師なりたては特に
技術も知識も専門性が高く

 

 

 

 

どちらもひたすら追いかけて

 

 

 

 

それでも全然薄っぺらくて
悔しくて怖くて迷って

 

 

 

やっぱりひたすら追いかけて

 

 

 

 

会話の大切さを重視されるような
そんな教育ではありませんでした

 

 

 

 

言葉一つに問題視されるし
心が折れそうになること

 

 

 

 

コメディカル同士でも
患者さんやそのご家族とでも

 

 

 

 

世間のイメージのまま
それは確かにあると思います

 

 

 

 

 

ー*ー*ー*ー*ー*ー

 

 

 

 

 

けれど一方で例えば

 

 

 

心停止して

荒れに荒れながら
怒号が飛び交いながら救命措置

 

 

 

 

怖いですとても

 

 

 

 

でもそれは

 

 

 

1秒がその人の命を左右するから
1秒がその人の予後を変えるから

 

 

 

たとえ助かっても
そのまま寝たきりだって
大いにあり得るのです

 

 

 

 

場合によっては何十年も

 

 

 

避けられないことも多いけれど
出来るだけ避けたいのです

 

 

 

 

私達の1秒が
人様とその家族の人生を
変えるかもしれないのです

 

 

 

 

そんな時の
怖いと思う気持ちなんか

 

 

 

 

正直どうでも良い

 

 

 

 

こう言うと厳しいって
そう言われるのは覚悟の上

 

 

 

 

でもそれでも思う

 

 

 

 

嫌な思いをする
あなたの一瞬の気持ちより

 

 

 

 

目の前の人の
助かるかもしれない命を
私は優先したい

 

 

 

 

それは絶対譲れないの

 

 

 

 

その倒れた人が
あなたの大切な人だったら

 

 

 

 

親や子供だったら
パートナーだったら

 

 

大切な親友や恩師なら

 

 

 

 

何がなんでも
助けてってそう思うでしょう

 

 

 

 

怖いから、嫌な思いするから、
助けるの嫌なんです

 

 

 

 

そんなの私なら多分恨みます

 

 

 

 

100パーセントの意識で

 

 

 

 

この人に必要なことは?

 

 

 

 

そのために走って

 

 

 

 

それでも目に余る言葉
それが問題とされるべき

 

 

 

 

ただそれだけだと思うのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人との対話に悩むこと
なんでこんな風に言うのって
腹立たしいこともやっぱりあります

 

 

 

 

恐怖に無駄に
動けなくなるのも事実です
心が病んでは元も子もないですし

 

 

 

 

でもじゃあ優しさに甘え

いざと言う時に動けなかったら?
結局手遅れになってしまったら?

 

 

 

 

それってもう
何がしたいのか分からない

 

 

 

 

そしてそれはどの業界でも
あまり変わらないんじゃないかと
そう思うのです

 

 

 

 

「自分に甘えは無いのか」
「なにが一番大切なのか」

 

 

 

 

そこを掴むのを
絶対に絶対に忘れないで

 

 

 

 

優しいだけじゃ
ひとは救えないのです

 

 

 

 

十分に見直してみれば
見方も本当に必要なことも

 

 

 

また少し

変わってくるのかもしれませんね

 

 

 

 

 

では