「目は口ほどに物を言う」

 

 

ほんとその通りで。

 

 

何より変わったのは、瞳。

 

 

 

 

 

 

 

 

前のブログを整理している時、
とある写真を見つけました

 

 

 

それが、アメブロ開始当時の写真。

約3年前のもの。

 

 

Before(2015年)↓

After(2018年)↓

 

 

ものすごく驚きました

 

 

なんて、

 

なんて、、

 

 

キツい眼をしているんだろう…

 

 

 

心の表情が顔に表れているようで。

 

メイクの違いもあるし
写真の角度とか色々あるかもですが

 

 

それにしても違う顔つきに
本当に驚きました

 

 

ちょっとショックだった・・・

 

 

 

ー*ー*ー*ー*ー*ー

 

 

 

 

この当時は
持病の悪化に婚約破棄、
仕事に対してもイライラ、

 

仕事は命がけだ!なんて
言っちゃうくらい
疑心暗鬼になりかけていて

 

 

今の自分から
未来の自分が見えなくて。
自分自身を信じられなくて。

 

 

怖かった。

 

 

本当に怖くて、
どうにかしたくて。

 

 

でもあれから、
さらに色々な経験をしました

 

 

新しい恋を知ったり、
昇進をすすめられたり、
知らない世界に飛び込んだり。

 

 

なかなか人に弱音を吐けない私は
不安に思ったりもがいたりする自分を
なかなか見せることが出来ませんでした

 

 

けど、
ブログにだけは本音を書けた。

 

 

そして、
本当の自分を見せても、
誰も責めたりしなかった。

 

 

届いたのは、
救われるような暖かいコメント。
そこからまた新しい出会いがあり、、

 

 

トラストコーチングに出会い、
より自分自身を見つめる方法を知り、

 

 

自分のままでいいんだ

 

 

やっと、やっとやっと、
本当の意味で信じられるようになり

 

 

ブログを始めた時と
あまり環境は変わらないのに
穏やかになりました

 

 

 

ー*ー*ー*ー*ー*ー

 

 

 

けれど、
本当に私が欲しいのは、

 

 

どんな瞳の私だって好きでいたい

 

 

ただそれだけ。

 

 

私の仕事は
院内で急変した患者さんを
受け入れる場所です。

 

 

いわば院内のなかでも、
「なんかあったらあそこに任せればいい」
そんな認識を持たれる場所。

 

 

病院内で、緊急コールが鳴って、
心肺蘇生されながらやってくる。

 

 

昔、患者さんを送りに来た同期が、
「じゅんきの顔ヤバかった」
そんなことも言われました

 

 

「遅い」は許されない。
「気づかなかった」も許されない。

 

そして、
「できない」はもっと許されない。

 

 

そりゃあ、、、気も張ります。

 

 

いっぱい怒られたけど、
だんだんできるようになったのは
本当に楽しくて。

 

 

そう、頑張ってきたはずなのに。

 

 

ちょっとだけ顔を出す不安が、
今の良い部分も、悪い部分も、
すべてを盲目にしてしまう。

 

そんな感じでした

 

 

頑張ってる自分
ちゃんと見てあげていますか?
その上で未来を見つめていますか?

 

 

日常に、ちいさな彩りを。

 

 

それが、私の思うコーチング。

 

 

時に優しく、時に厳しく。
看る、護るの精神は誰にも負けない!

 

 

 

この可能性を広げるため、
私らしい瞳で進んでいこうと思います

 

 

おまけ↓

 

 

 

もう一つ、
実は新しくチャレンジを
し始めていまして。

 

 

またお知らせさせていただきます

 

 

 

では♡